コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八月十日事件 はちがつとおかじけん Journée Révolutionnaire du 10 août

2件 の用語解説(八月十日事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八月十日事件
はちがつとおかじけん
Journée Révolutionnaire du 10 août

1792年8月 10日のフランス王権停止の革命をいう。パリのサン=キュロットと全国の愛国者の代表である連盟兵とが蜂起して,チュイルリー宮殿を襲撃,国王とその一族をタンプル牢獄に幽閉した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八月十日事件
はちがつとおかじけん
Aot 1792 (journe du 10)フランス語

フランス革命中、1792年8月10日、パリで起こった王宮襲撃事件。事実上の王制廃止をもたらし、革命史上、一時期を画した。92年4月に始まった革命戦争はフランスに不利で、オーストリアプロイセン軍の侵入が迫り、同年7月、非常事態となったが、国王ルイ16世側は外敵と通じて、革命側に圧力をかけようと試みた。これに刺激されたパリの革命勢力は8月9日を期限として、国王廃位の請願を立法議会に提出した。その期限切れとともに、正規のパリ・コミューン自治体)にかわって「蜂起(ほうき)のコミューン」が設けられ、パリの民衆や地方からの義勇兵たちはチュイルリー宮を襲い、攻防戦ののち、これに乱入した。議会は王権を停止し、王一家はタンプル塔に幽閉された。同年9月正式に王制が廃止され、共和制の実現をみることとなった。[山上正太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八月十日事件の関連キーワードフィリップフランス領ソマリランド第一共和政太宰施門広瀬哲士ルイ[7世]《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》選挙権停止被選挙権停止《フランス王政論》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone