八月十日事件(読み)はちがつとおかじけん(英語表記)Journée Révolutionnaire du 10 août

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八月十日事件
はちがつとおかじけん
Journée Révolutionnaire du 10 août

1792年8月 10日のフランス王権停止の革命をいう。パリのサン=キュロットと全国の愛国者の代表である連盟兵とが蜂起して,チュイルリー宮殿襲撃国王とその一族をタンプル牢獄に閉した。議会は王権の停止を宣言し,新憲法起草のために普通選挙による国民公会招集が決定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八月十日事件
はちがつとおかじけん
Août 1792 (journée du 10) フランス語

フランス革命中、1792年8月10日、パリで起こった王宮襲撃事件。事実上の王制廃止をもたらし、革命史上、一時期を画した。92年4月に始まった革命戦争はフランスに不利で、オーストリア・プロイセン軍の侵入が迫り、同年7月、非常事態となったが、国王ルイ16世側は外敵と通じて、革命側に圧力をかけようと試みた。これに刺激されたパリの革命勢力は8月9日を期限として、国王廃位の請願を立法議会に提出した。その期限切れとともに、正規のパリ・コミューン(自治体)にかわって「蜂起(ほうき)のコミューン」が設けられ、パリの民衆や地方からの義勇兵たちはチュイルリー宮を襲い、攻防戦ののち、これに乱入した。議会は王権を停止し、王一家はタンプル塔に幽閉された。同年9月正式に王制が廃止され、共和制の実現をみることとなった。

[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android