コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーフーティー Lāhūtī

2件 の用語解説(ラーフーティーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラーフーティー【Lāhūtī】

1887‐1957
イラン共産主義者詩人。ケルマンシャーの出身。若くしてイラン立憲革命運動に参加。1908年ラシュトで宮廷派軍と戦い,14年イスタンブールに亡命し共産主義者となる。21年タブリーズで反乱を指導し,敗北後ソ連に亡命。ウズベクおよびタジク共和国において詩作による共産主義運動に携わり,故国における革命運動の進展を望郷の抒情詩に託した。反専制・反ファシズムに貫かれた作品が多い。【山田 稔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーフーティー
らーふーてぃー
Ab al-Qsem Lht
(1887―1957)

イランの革命詩人。ケルマーンシャー郊外に生まれる。若くして反政府・民族運動に加わり、1922年ソ連に亡命、死ぬまでソ連にとどまり国外からイラン共産主義運動を支援、指導した。早くから作詩を試み、1923年以降多くの詩集を発表。古典詩の手法を使って政治、社会改革、婦人解放、迷信打破などをおもなテーマに作詩。1946年、モスクワで『ラーフーティー詩集』が刊行された。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーフーティーの関連キーワードコムソモールジャーミー集産主義ゾルゲ転向転向文学ユーロコミュニズム主義者赤狩共産化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone