コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウマチ因子

世界大百科事典 第2版の解説

リウマチいんし【リウマチ因子 rheumatoid factors】

リウマトイド因子ともいわれ,1942年免疫グロブリンG(IgG)に対する抗体として検出された。単一のものではないのでfactorsと複数にして呼ばれることが多い。抗原としてのIgGは,変性したものと天然(未変性)のものとが考えられている。リウマチ因子はIgM,IgG,IgA,IgEクラスの免疫グロブリンに属するが,IgDリウマチ因子もあるといわれている。 慢性関節リウマチに検出率が高く,慢性関節リウマチの診断基準の一つに入れられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリウマチ因子の言及

【関節リウマチ】より

…免疫学的研究によると,慢性関節リウマチにかかっている人の血清中の変性免疫グロブリンが抗原となって,抗免疫グロブリン抗体ができることが明らかにされている。これは主としてIgM抗体であるが,リウマチ因子と呼ばれている。このリウマチ因子が補体と結合して免疫複合体を形成し,関節炎の引金になり,さらに関節の軟骨に沈着するため慢性関節炎が持続するといわれる。…

※「リウマチ因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

リウマチ因子の関連キーワード免疫のしくみとはたらきリウマチ性多発筋痛症シェーグレン症候群再発性多発軟骨炎フェルティ症候群高グロブリン血症リウマトイド因子強直性脊椎炎膠原病

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android