コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエパ リエパ Liepa, Maris-Rudolph Eduardovich

2件 の用語解説(リエパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リエパ
リエパ
Liepa, Maris-Rudolph Eduardovich

[生]1936.7.27. リガ
[没]1989.3.25. モスクワ
ソ連の舞踊家。 1955年ボリショイ・バレエ学校を卒業後,リガ・バレエ団,スタニスラフスキー・ネビロビッチ=ダンチェンコ劇場バレエ団を経て,60年ボリショイ・バレエ団に入団した。個性的なダンサーで,『ジゼル』『ドン・キホーテ』のほか,特に『スパルタクス』のクラッスス役で絶賛を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リエパ【Maris‐Rudolf Eduardovich Liepa】

1936‐89
ソ連の舞踊家。リガに生まれ,リガおよびモスクワ・ボリショイ・バレエ学校に学ぶ。1955年卒業後,リガ・バレエ団で踊るが,56年末,ソリストとしてモスクワのスタニスラフスキー・ネミロービチ・ダンチェンコ記念音楽劇場に入る。60年ボリショイ・バレエ団に移籍し,《スパルタクス》のクラッスス,《アンナ・カレーニナ》のウロンスキーですぐれた踊りをみせた。舞踊手を引退した後はボリショイ劇場の教師として,後進の指導にあたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リエパの関連キーワードプティパ蝲蛄イキイキザリガニ教材ザリガニのエサザリガニ博士リガオスみどりが丘緑が丘緑ケ丘ヤドリガニ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リエパの関連情報