コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスザル リスザル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リスザル

コモンリスザル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスザル
りすざる / 栗鼠猿
squirrel monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科リスザル属に含まれる動物の総称。この属Saimiriの仲間は、オマキザル科のなかでは小形で、体重は雄700~1100グラム、雌500~750グラム、頭胴長27~33センチメートル。樹上で敏捷(びんしょう)に活動する。コモンリスザルS. sciureusとセアカリスザルS. oerstediiの2種に分けることが多い。前者はギアナ、アマゾン川のほぼ全域およびアンデス山地の一部に分布し、後者はコスタリカとパナマに生息する。原生熱帯多雨林だけでなく、伐(き)り残された森や二次林、落葉林にも生息する。果実と昆虫がおもな食物である。20~50頭の集団が多く報告されているが、100頭を超す集団の観察例もある。実験室での研究は多いが、まだ生態学的調査報告は少ない。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リスザルの関連キーワード長崎鼻パーキングガーデンマミラウア自然保護区久留米市鳥類センターリスザル(栗鼠猿)札幌市円山動物園要注意外来生物パラピテクスマラジョ島オマキザルサボテン広鼻猿類栗鼠猿サル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リスザルの関連情報