リスザル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスザル
りすざる / 栗鼠猿
squirrel monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科リスザル属に含まれる動物の総称。この属Saimiriの仲間は、オマキザル科のなかでは小形で、体重は雄700~1100グラム、雌500~750グラム、頭胴長27~33センチメートル。樹上で敏捷(びんしょう)に活動する。コモンリスザルS. sciureusとセアカリスザルS. oerstediiの2種に分けることが多い。前者はギアナ、アマゾン川のほぼ全域およびアンデス山地の一部に分布し、後者はコスタリカとパナマに生息する。原生熱帯多雨林だけでなく、伐(き)り残された森や二次林、落葉林にも生息する。果実と昆虫がおもな食物である。20~50頭の集団が多く報告されているが、100頭を超す集団の観察例もある。実験室での研究は多いが、まだ生態学的調査報告は少ない。[西邨顕達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リスザルの関連情報