コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトマスゴケ litmus lichens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リトマスゴケ
litmus lichens

リトマス色素を採取する地衣類の総称。レカノラ Lecanora tartareaおよびロッケラ Roccella tinctoriaなどの葉状地衣をさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リトマスゴケ

リトマスゴケ科の地衣類の一種。地中海沿岸地方,西アフリカの海岸の岩石上にはえる。体は直立してやや樹状を呈し,高さ10cm内外,灰白色で,ところどころに粉芽をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リトマスゴケ【Roccella】

地中海気候の地域に産するリトマスゴケ科の樹枝状地衣類(イラスト)。地衣体はひも状で基部から盛んに分枝し,10cm前後の灌木状となる。子器は線状で地衣体中に埋まる。化学実験で使うリトマス色素は,この地衣を酸化発酵させて作ったものである。日本のウメノキゴケ,ニクイボゴケ,イワタケなども同様の色素を含む。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リトマスゴケ
りとますごけ
[学]Roccella tinctoria Lam. et DC.

地衣類リトマスゴケ科の1種。地中海沿岸や西アフリカの海岸の岩上に生える。地衣体は灰白色で、すこし枝を出し、岩上に直立して生える。高さ10センチメートル内外で、枝の上などに直径1~2ミリの円盤状の子器をつける。
 リトマスゴケはリトマスゴケ属Roccellaの総称名でもある。リトマスゴケ属は約30種を含み、いずれもリトマス染料の原料として利用されるが、おもなものはリトマスゴケとこれに近似の数種である。リトマスゴケ属の種類のなかには樹幹に生えるものも知られていて、東南アジアに分布するR. montagneiはこの代表的なものである。なお、リトマスゴケ科の地衣類は、日本では生育していない。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リトマスゴケの関連キーワードリトマス試験紙リトマス苔地衣成分地衣植物異層地衣井上

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android