コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバプール大聖堂 リバプールダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

リバプール‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【リバプール大聖堂】

Liverpool Cathedral》英国イングランド北西部の港湾都市リバプールにあるネオゴシック様式の大聖堂。1904年着工、1978年完成。イギリス国教会の大聖堂の中でも最大規模であり、アーチの高さ、オルガンの大きさ、鐘の重さのいずれも全英一を誇る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

リバプールだいせいどう【リバプール大聖堂】

イギリスのイングランド北西部、港湾都市リバプール(Liverpool)のホープストリートの南の丘の上に建つ、欧州最大のイギリス国教会の大聖堂。ゴシック様式の聖堂は20世紀の建造物で、国内で最も高いゴシック様式のアーチを持つ。また、聖堂内には9700本以上のパイプを使用した国内最大のオルガン、国内で最も重量のあるベルと、いくつもの「イギリス一」がある。礼拝はもちろん、コンサート、展示会リサイタル展覧会など、多様な用途に使用されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のリバプール大聖堂の言及

【ゴシック・リバイバル】より

…70年代末にはロマネスク様式の復興,18世紀初頭のクイーン・アン様式の復興が試みられ,ゴシック・リバイバルは衰退する。ゴシック様式最後の大作としては,1902年に設計され76年に完成したリバプール大聖堂が知られる。【鈴木 博之】。…

※「リバプール大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リバプール大聖堂の関連キーワード聖ゲオルギウス大聖堂リバプール・クレーターリヴァプール-海商都市アルバートドックテートリバプールビートルズストーリーリバプール大聖堂イーリー大聖堂インバネス大聖堂ウィンチェスター大聖堂

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android