リボルビング方式(英語表記)revolving

翻訳|revolving

流通用語辞典「リボルビング方式」の解説

リボルビング方式【revolving】

中・長期計画運用に当たって毎年定期的に計画と実績とのズレを見直し、そのズレを修正しながら計画そのものを再構築していく方法で、ローリング・プランともいわれる。実績とのチェックが絶えずできるため、計画が現実に即したものに弾力的に修正され、着実に計画を遂行できるといった長所を持っている。しかし一方で、毎年計画を見直し修正してしまうので、現実的ではあるものの、計画そのものに対する信頼感が薄れるという短所を持っている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「リボルビング方式」の解説

リボルビング‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【リボルビング方式】

revolving systemクレジット販売の一方式。クレジットカードなどについて、利用者ごとの限度額をあらかじめ決めておき、利用者は、その限度内でカードを使用する。返済回数は決めず、月々一定額、または残額に対する一定割合額などの形で返済する。リボルビング払いリボ払い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「リボルビング方式」の解説

リボルビング‐ほうしき ‥ハウシキ【リボルビング方式】

〘名〙 (リボルビングはrevolving) クレジット販売の一方式。あらかじめ設定された利用限度額内で、自由にクレジットカードなどが使用でき、返済回数は決めず、月々一定額、または残額に対する一定割合額などの形で返済する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android