コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボルビング方式 リボルビングホウシキ

2件 の用語解説(リボルビング方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リボルビング‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【リボルビング方式】

revolving systemクレジット販売の一方式。クレジットカードなどについて、利用者ごとの限度額をあらかじめ決めておき、利用者は、その限度内でカードを使用する。返済回数は決めず、月々一定額、または残額に対する一定割合額などの形で返済する。リボルビング払いリボ払い

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

リボルビング方式【revolving】

中・長期計画の運用に当たって毎年定期的に計画と実績とのズレを見直し、そのズレを修正しながら計画そのものを再構築していく方法で、ローリング・プランともいわれる。実績とのチェックが絶えずできるため、計画が現実に即したものに弾力的に修正され、着実に計画を遂行できるといった長所を持っている。しかし一方で、毎年計画を見直し修正してしまうので、現実的ではあるものの、計画そのものに対する信頼感が薄れるという短所を持っている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リボルビング方式の関連キーワード定期航路傾斜家賃制度CDP短期・長期定期的定期便DP当たって砕けろ漁港漁場整備長期計画ファンド・マネジャー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone