コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーシュマン Leishman, Sir William Boog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーシュマン
Leishman, Sir William Boog

[生]1865.11.6. グラスゴー
[没]1926.6.2. ロンドン
イギリスの軍医で病理学者。 1886年グラスゴー大学を卒業,軍医となり,90~97年インドに駐在した。その間,リーシュマン染色法を開発し,これを用いて 1900年にカラアザール病原体を発見,インドの衛生局に勤務していた C.ドノバンが 03年にこれを確認し,以来リーシュマニア・ドノバニと呼ばれている。 03年シルバンク軍医学校病理学教授になり,23年,軍医総監。腸チフスのワクチンを開発して第1次世界大戦中にはチフス予防に功績が大きかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リーシュマンの関連キーワードカラ・アザール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーシュマンの関連情報