コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーシュマン リーシュマン Leishman, Sir William Boog

1件 の用語解説(リーシュマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーシュマン
リーシュマン
Leishman, Sir William Boog

[生]1865.11.6. グラスゴー
[没]1926.6.2. ロンドン
イギリスの軍医で病理学者。 1886年グラスゴー大学を卒業,軍医となり,90~97年インドに駐在した。その間,リーシュマン染色法を開発し,これを用いて 1900年カラアザールの病原体を発見,インドの衛生局に勤務していた C.ドノバンが 03年にこれを確認し,以来リーシュマニア・ドノバニと呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーシュマンの関連キーワードグラスゴーグラスゴー大学グラスゴーグリーングラスゴー大聖堂リンリスゴーアプラスゴールドカードエポスゴールドカードサイエンス・ゴーゴーグラスゴー職工学校グラスゴー美術学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リーシュマンの関連情報