コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーズ・アンド・ラグズ リーズ・アンド・ラグズ leads and lags

2件 の用語解説(リーズ・アンド・ラグズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーズ・アンド・ラグズ
リーズ・アンド・ラグズ
leads and lags

輸出入業者が決済の時期や商品の輸出入時期を金利差や為替相場の予想により,意図的に早めたり (リーズ) ,引延ばす (ラグズ) 現象をいう。このような動きによって輸出入ギャップが増幅され,為替相場の調整を促す圧力となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーズ・アンド・ラグズ
りーずあんどらぐず
leads and lags

貿易業者が為替(かわせ)相場の先行きを予想し、対外支払いおよび受取りを意図的に早めたり遅らせたりすることをいう。それは為替投機と同じ働きをもち、為替相場の変動を増幅させる。たとえば、ドル相場の上昇が予想されるときには、ドルの支払いを早めると同時に、ドルの受取りを遅らせるのが有利となるので、ドルの需要は増加し、ドルの供給は減少する。その結果ドル相場はさらに上昇する。リーズ・アンド・ラグズは輸出入自体の動きであるので、為替投機と違って管理しにくい。わが国では1971年(昭和46)8月のニクソン・ショックの直後に、円切上げを予想して大量のリーズ・アンド・ラグズが行われ、外貨準備を著増させた例がある。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーズ・アンド・ラグズの関連キーワード延払い輸出輸出保険輸出組合貿易商輸出カルテル輸出手形輸出入エクシムリーズ&ラグズリンク制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone