コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーズ・アンド・ラグズ leads and lags

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーズ・アンド・ラグズ
leads and lags

輸出入業者が決済の時期や商品の輸出入時期を金利差や為替相場の予想により,意図的に早めたり (リーズ) ,引延ばす (ラグズ) 現象をいう。このような動きによって輸出入のギャップが増幅され,為替相場の調整を促す圧力となる。たとえば日本が先行き円高になるとすれば,外貨建輸出の受取りは早めに,外貨建輸入の支払いは遅めにした方が有利となる (先行き円安の場合はこの逆) 。このようにリーズ・アンド・ラグズが発生すると為替相場は一方向に走りやすい。なお日本で過去に大規模に行われたケースとしては,1971年8月のニクソン・ショックによる円の切上げ予想から商社などが大量のリーズを行い,外貨準備高が急増したことがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーズ・アンド・ラグズ
りーずあんどらぐず
leads and lags

貿易業者が為替(かわせ)相場の先行きを予想し、対外支払いおよび受取りを意図的に早めたり遅らせたりすることをいう。それは為替投機と同じ働きをもち、為替相場の変動を増幅させる。たとえば、ドル相場の上昇が予想されるときには、ドルの支払いを早めると同時に、ドルの受取りを遅らせるのが有利となるので、ドルの需要は増加し、ドルの供給は減少する。その結果ドル相場はさらに上昇する。リーズ・アンド・ラグズは輸出入自体の動きであるので、為替投機と違って管理しにくい。わが国では1971年(昭和46)8月のニクソン・ショックの直後に、円切上げを予想して大量のリーズ・アンド・ラグズが行われ、外貨準備を著増させた例がある。[土屋六郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リーズ・アンド・ラグズの関連キーワード短期資本収支為替投機円切上げ昭和恐慌実需筋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android