リーチサイト(読み)りーちさいと(英語表記)Leech Site

知恵蔵miniの解説

リーチサイト

インターネット上にある違法コンテンツに利用者を誘導するためのリンク(URL)を集めて掲載するサイト。違法コンテンツには、著作権者の許可なくアップロードされたマンガ、書籍、音楽、アニメ、映画などが含まれる。リーチサイト自体は違法コンテンツを掲載していないが、違法コンテンツへの誘導は著作権侵害を助長させる行為であるとして、出版などの業界団体が問題視している。これを受け、政府は2018年よりリーチサイトの法規制に向けた検討を開始している。

(2018-7-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

リーチ‐サイト(leech site)

インターネット上にある海賊版などの違法コンテンツへのリンクを集めたサイト。広告収益を目的として、著作権者の許可を得ずにスキャンした漫画や書籍の画像、違法コピーした映画やアニメの動画などを扱うサイトへ誘導する。
[補説]リーチ(leech)はヒルまたは他人にたかる者の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーチサイトの関連情報