コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒル

デジタル大辞泉の解説

ひる【×蛭】

ヒル綱の環形動物総称。池沼・水田・森林や海にすみ、他の動物から吸血したり寄生したりする。体は扁平または円筒形で細長く、環節は34個あり、前後端の腹面に吸盤をもつ。雌雄同体。チスイビルウマビルヤマビルなど。 夏》「人の世や山は山とて―が降る/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひる【蛭】

ヒル綱に属する環形動物の総称。体長数センチメートル。細長く扁平。三四の体節からなるが、さらに多数の縞によって分節されて見える。体の前後両端の腹面に吸盤があり、前方の吸盤に口が開く。陸産のヒルは淡水や湿地に生息し、チスイビル・ヤマビルなどのように温血動物の血液を吸う。海産のものは、多く魚類や甲殻類などに寄生。 [季] 夏。 《 -の血の垂れひろがりし腓かな /富安風生 》
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛭 (ヒル)

動物。ヒル類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蛭の関連キーワード静岡県伊豆の国市四日町バーミキュライト構造蛭石(データノート)バーミキュライト蛭ヶ谷の田遊び肝てつ(蛭)症韮山・韭山蛭鉤・蛭鈎蛭に食わすセルカリア富安風生媒介動物中間宿主茶茶くる西宮神社韮山温泉世代交代蛭ヶ小島薄皮蝸牛人工砂利

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛭の関連情報