海賊版(読み)かいぞくばん

  • pirated edition

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

一般的に、著作権法に違反してコピーされた音楽CDDVD放送番組ゲームソフトなどのこと。また、使用許諾条件などに違反し、権利者に無断でコピーされたソフトウェア製品も指す。最近では、インターネット上に不特定多数の人がダウンロードできるで公開され、社会問題となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

pirated edition》外国の著作物を、著者・出版社の許可を受けずに複製したもの。同一国内のものについてもいう。
[補説]レコードやCD、DVDなどの場合は「海賊盤」とも書く。→ブートレグ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

国際条約によって保護されている著作物を,条約関係にある他国において,著作権者の許諾なしに無断で複製,頒布したもの。このような無断複製は,条約関係にある国では著作権の侵害となるが,条約関係にない国では法的な拘束がないため差し止めることができない。日本では条約関係にない国で無断複製された複製物でも,国内に輸入し頒布することについて侵害行為を規定している。第2次世界大戦後,日本でも高額な外国の自然科学関係学術書を中心に海賊版が出版され,国際的な批判を受けたが,その後減少した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国の図書類を著作権や出版権を無視して無断で複製した出版物。国際著作権条約を批准していない国で行われており,問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外国の著作権者の許諾を得ないで複製された書籍やレコードなどをいう。無断で他人の財産をかすめ取ることが海賊行為に類似するところから、このようによばれる。ベルヌ条約(1886)と万国著作権条約(1952)のいずれかに加盟している国の著作物は、日本でも保護の義務を負うから、日本で海賊版が作成されると、著作権法(昭和45年法律48号)違反行為となる。また海外で作成された海賊版をわが国に輸入したり、海賊版であることを知りながら頒布したりする行為もまた著作権侵害となる。

[半田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

「ベルヌ条約」や「万国著作権条約」などの著作権に関する国際条約で保護されている著作物を,著作権者や原出版社の許諾なしに,他の国(条約加盟国)で複製,出版したもの.図書の場合は著作権侵害本ともいう.海賊版は,著作権に関する国際条約加盟国間での侵害行為を伴うもので,同じく無断で複製,出版した場合でも著作権侵害にならないものは未承認版(unauthorized edition)と呼ばれる.この場合,法的責任はないものの,モラル面での責任は逃れられない.なお,海賊版の対象は図書だけではなく,ビデオテープコンパクトディスク,ソフトウェアなどにも及ぶ.また,国内での無断複製,出版も海賊版と呼ぶことがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (pirated edition の訳語) 外国の著作物を、著作権者や発行者に無断で複製したもの。転じて、同一国内におけるものについてもいうことがある。偽版。
※日本のむこ殿(1955)〈読売新聞社会部〉電機「特許の海賊版だと悪口をいわれても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵の解説

模倣品」のページをご覧ください。

模倣品」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海賊版の関連情報