コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーバーマン反応 リーバーマンはんのう Liebermann reaction

1件 の用語解説(リーバーマン反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リーバーマンはんのう【リーバーマン反応 Liebermann reaction】

(1)ニトロソ化合物フェノール類の検出に利用される呈色反応の一つ。ニトロソ化合物に少量のフェノールを加えて加熱,冷却後濃硫酸を数滴加えると赤みがかった色を呈する。これを水で希釈し水酸化ナトリウムを加えてアルカリ性にすると深青色に変色する。また,フェノール類に少量の亜硝酸と濃硫酸を加えると,ニトロソフェノールが生じ,これが過剰のフェノールと縮合してインドフェノールを生じて暗緑色を呈する。(2)コレステロールの呈色反応であるリーバーマン=ブルヒアルト反応Liebermann‐Burchart reactionを単にリーバーマン反応ということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リーバーマン反応の関連キーワードニトロ化合物フェノールフェノール樹脂アルキルフェノールトリニトロフェノールオルトフェニルフェノールニトロソアミドニトロソ化合物ニトロソグアニジンペンタクロロフェノール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone