コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーパー リーパー reaper

翻訳|reaper

3件 の用語解説(リーパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リーパー(reaper)

刈り取り機。
the Grim Reaperから》死に神。大鎌を持ちマントを着た骸骨(がいこつ)の姿で描かれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リーパー Leeper, Dean Harry

1920-1954 アメリカの社会事業家。
1920年11月12日生まれ。昭和23年日本YMCA同盟学生部協力主事として来日。各地の大学YMCAをおとずれ,学生キリスト教運動を指導する。昭和29年9月26日台風15号による洞爺丸(とうやまる)遭難事故で死亡。33歳。イリノイ州立大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

リーパー【reaper】

麦類の収穫を目的に欧米で使われた刈取機で,畜力またはトラクターで牽引(けんいん)された。構造はモーアに集束装置を付属させたもので,扇状の受台上に刈り倒された作物を,中空を回転する数本の櫛(くし)状レーキによってかき落とすようになっている。モーアは収穫対象が牧草であるから刈り倒したままでよいが,リーパーでは穀物の収穫が目的であるので,機械やウマが刈取麦の上を踏まないよう次の行程の通路をつくりながら,刈り取ったものを適量ずつひとまとめに集めて機械の後部側方にかき落としていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リーパーの関連キーワード柑橘油ジャポニスム禾穀類青刈大豆刈取り刈取機貢法井田徹法血の収穫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リーパーの関連情報