コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイザ・ウルリーカ Louisa Ulrika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイザ・ウルリーカ
Louisa Ulrika

[生]1720. ベルリン
[没]1782. スバルトシュー
スウェーデン王アドルフ・フレデリックの妃。プロシアフリードリヒ・ウィルヘルム1世の第5女。フリードリヒ2世の妹。スウェーデン皇太子アドルフ・フレデリックと結婚 (1744) ,のちのグスタフ3世の母となった。夫の即位によって王妃となると,スウェーデン王権の強化をはかり,宮廷党を率いてハット党 (→キャップ党・ハット党 ) と対立。七年戦争において親フランスのハット党に抗して,兄フリードリヒのプロシア側につこうとしたが失敗 (57) 。のち講和に際してその役割を果した。学芸を愛し,C.リンネなど科学者を保護した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルイザ・ウルリーカの関連キーワードサルデーニャ王国総合年表(アメリカ)フェイトサルジニア王国ダンジョーディーンツェンホーファーハイデルベルクバロック音楽綾部富阪ギルバート法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android