コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ・ウィルヘルム1世 フリードリヒ・ウィルヘルムいっせいFriedrich Wilhelm I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム1世
フリードリヒ・ウィルヘルムいっせい
Friedrich Wilhelm I

[生]1688.8.15. ベルリン
[没]1740.5.31. ポツダム
プロシア王 (在位 1713~40) 。フリードリヒ1世 (3世) の子。外政面では神聖ローマ皇帝カルル6世国事詔書承認の代償としてユーリヒおよびベルク両公国の領土確保を要求したが,皇帝の不履行により,プロシアとオーストリアは対立することとなり,反皇帝側と同盟した。一方内政面では,借入金や外国からの補助に依存してきた国家財政を建直すため,質素倹約を徹底し,滅私奉公を信条として国民生活のすべてに国家の干渉を行なった。 1723年総監理庁を設け,中央政府の形態をそなえたが,決定はすべて王の意志により,官房を通じて政府に伝達され,軍隊組織は,33年にカントン制度を採用し,農民の子弟,手工業職人にその義務を負担させ,別に将校団養成のため,貴族の子弟を強制的に新設の幼年学校へ送った。彼のもとで財政,行政におけるプロシアの絶対主義体制は完成し,常備軍も著しく増強され,この国庫と軍隊がフリードリヒ2世 (大王) のもとでプロシアをヨーロッパ列強の地位に高めることとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム1世

生年月日:1688年8月15日
プロシア王(在位1713〜40)
1740年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フリードリヒ・ウィルヘルム1世の関連キーワードウォルフ(Christian Wolff)フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)フリードリッヒ・ウィルヘルム(1世)フリードリヒ2世(大王)アンハルト=デッサウフリードリヒ[2世]ルイザ・ウルリーカプロイセン王国ダンケルマンコクツェイグルムコウ生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android