ルイス・P. ハメット(英語表記)Louis Plack Hammett

20世紀西洋人名事典の解説

ルイス・P. ハメット
Louis Plack Hammett


1894.4.7 - ?
米国の化学者。
元・コロンビア大学教授。
ハーバード大学卒業後、チューリヒ工科大学でシュタウディンガーに学び、1923年コロンビア大学で学位を取得した。引き続き同大学に留まり、’35〜61年まで教授を務めた。この間’32年誘電率の高い酸性溶媒のための酸度関数、’35年には有機化合物の構造と反応性とを結びつけた経験則(ハメットの規則)を提唱。主著は「Physical organic chemistry」(’40年)、「Introduction to the Study of Physical Chemistry」(’52年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android