ルイーズ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイーズ
るいーず
Louise

フランスの作曲家ギュスターブ・シャルパンチエが、自らの台本をもとに1900年に完成した四幕の歌劇。パリの労働者街を舞台に、貧しいお針子ルイーズと詩人ジュリアンの恋を描き、ジュリアンとルイーズの両親との確執を通じて、自由にあこがれる革新性と、それを恐れる保守的な考え方との葛藤(かっとう)が表現されている。シャルパンチエはこの作品を「音楽物語」と名づけたが、これは、ゾラに傾倒していた彼が、現実の社会の偽らぬ姿を舞台に持ち込もうと意図した結果で、フランス・オペラに初めて自然主義の考えを導入した点で重要な作品。動機を人物や情況と結び付けたいわゆるライトモチーフの使用により、音楽的にも高い密度が保たれている。完成の同年パリのオペラ・コミック座で行われた初演は大成功で、作曲者の生前だけでも1000回近く上演された。日本初演は1966年(昭和41)オペラ青年グループによる。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルイーズの関連情報