コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ6世 ルイろくせいLouis VI, le Gros; le Batailleur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ6世
ルイろくせい
Louis VI, le Gros; le Batailleur

[生]1081. パリ
[没]1137.8.1. パリ
フランス王 (在位 1108~37) 。カペー家出身。フィリップ1世の子。「肥満王」とも呼ばれる。王権の理念をよく自覚し,サン・ドニ修道院院長シュジェールを重用し,弱体をきわめたカペー王権の基礎を固め次代の飛躍を準備した。イルドフランスのトマ・ド・マルルら独立的な中小豪族を平定して王領を固めたが,領内自治体の発展には助長策をとった。また隣接する大領主シャンパーニュ伯ティボー4世との交戦は 24年間にわたった。また 1116~20年にはイングランド王ヘンリー1世,神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世とも争ったので「好戦王」とも呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルイ6世の関連キーワードサン・ジェルマン・アン・レーピェール・ド クーベルタンアナクレツス2世市場(いちば)ロジェール2世クーベルタンブルターニュルイ(7世)ルイ[7世]白百合の紋カペー家カペー朝ルイ7世戦争王年代記

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android