コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルグロ Legros, Alphonse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルグロ
Legros, Alphonse

[生]1837.5.8. ディジョン
[没]1911.12.8. ワットフォード
フランスの画家,銅版画家,彫刻家。 1851年パリに出て 57年サロンにデビュー。のち初期印象派の画家たちに啓発され,主として風景画を描いた。 J.ホイッスラーと親交を結び,彼のすすめで 63年ロンドンに渡った。 76~92年ロンドンの美術学校教授をつとめ,銅版画の技術を伝えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルグロの関連キーワードファーブル(Jean Henri Fabre)セミョーノフ・チャンシャンスキーONCE/ダブリンの街角でガーリン=ミハイロフスキーパブロフ=シリワンスキーグレン ハンサードトレジアコフスキーダルゴムイシスキースカビチェフスキーゴルストゥンスキードミトレフスキーレシェートニコフユーレールパスノボシリツェフヤクボービッチスペランスキードクチャーエフミロラドビッチフォンビージンベンケンドルフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android