コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルグロ Legros, Alphonse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルグロ
Legros, Alphonse

[生]1837.5.8. ディジョン
[没]1911.12.8. ワットフォード
フランスの画家,銅版画家,彫刻家。 1851年パリに出て 57年サロンにデビュー。のち初期印象派の画家たちに啓発され,主として風景画を描いた。 J.ホイッスラーと親交を結び,彼のすすめで 63年ロンドンに渡った。 76~92年ロンドンの美術学校教授をつとめ,銅版画の技術を伝えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルグロの関連キーワードファーブル(Jean Henri Fabre)ONCE/ダブリンの街角でガーリン=ミハイロフスキーパブロフ=シリワンスキートレジアコフスキーゴルストゥンスキーダルゴムイシスキーグレン ハンサードキレーエフスキーレシェートニコフドミトレフスキーポミャロフスキーグリゴロービッチノボシリツェフフォンビージンヤクボービッチユーレールパスベンケンドルフドクチャーエフミロラドビッチ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android