コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイッスラー ホイッスラー Whistler, James(Abbott)McNeill

6件 の用語解説(ホイッスラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイッスラー
ホイッスラー
Whistler, James(Abbott)McNeill

[生]1834.7.10/14. アメリカマサチューセッツ,ローエル
[没]1903.7.17. イギリスロンドン
アメリカの画家,版画家。幼時はロシアで過し,のちにアメリカへ渡った。 1855年パリに留学し C.グレールに師事。 59年ロンドンに定住,パリとロンドンで活躍した。初期の作品には G.クールベの影響がみられるが,日本の浮世絵に刺激されて独自の様式を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler)

[1834~1903]米国の画家。主に英国で活躍。印象派浮世絵版画の影響を受けつつ、淡彩の風景画・肖像画を多く描いた。エッチングにもすぐれる。ホイスラー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホイッスラー

米国の画家。マサチューセッツ州ローウェル生れ。ロシアのペテルブルグアカデミーに学び,1855年パリに渡ってクールベマネドガらと交友,1859年以降ロンドンにもアトリエを構え,ロセッティ兄妹と知り合った。
→関連項目ファンタン・ラトゥール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホイッスラー【James Abbott McNeill Whistler】

1834‐1903
19世紀後半のヨーロッパ美術界で活動したアメリカ人画家。マサチューセッツ州ローウェルLowell生れ。ウェストポイント陸軍士官学校を中退。1855年パリに行き(以後,没するまでヨーロッパですごす),クールベ,マネなどの作品に触れる。59年ロンドンに赴きラファエル前派の画家と交わり,刺激を受ける。64年に浮世絵の意匠をとり入れた作品を発表して以来,ジャポニスムによる仕事を展開。花火の夜景を描いた《黒と金のノクターン,落ちるロケット》(1875)を酷評したイギリスの指導的評論家ラスキンと法廷で争ったことは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホイッスラー【James Abbott McNeill Whistler】

1834~1903) イギリスで活躍したアメリカの画家。印象主義や日本の浮世絵版画の影響を受け、色の諧調と律動を重視した非具象的な独自の画風を打ち立てた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイッスラー
ほいっすらー
James Abbott McNeill Whistler
(1834―1903)

19世紀後半のロンドンとパリを中心に活動したアメリカ人画家。マサチューセッツ州ローウェルに生まれる。ロシアのペテルブルグで少年時代一時期を過ごし、ウェストポイント陸軍士官学校を中退。1855年パリに行ってクールベ、マネなどの前衛的な美術に触れる。59年ロンドンに住んでラファエル前派の影響を消化しつつ「ハーモニー」「シンフォニー」の連作を描き始める。パリとの間を往復しながら64年にはジャポニスムによる作品を試み、日本の落款のような蝶(ちょう)のサインを使う。68年になると浮世絵の意匠を借用した『肌色(はだいろ)と緑のバリエーション=バルコニー』を制作。抽象に近い『黒と金色のノクターン=しだれ花火』を酷評した評論家ラスキンと77年に起こした法廷闘争は有名。勝訴したホイッスラーは破産したが、ベネチアで制作した銅版画連作は好評を得た。晩年はパリに住んだが、当時の美術界に与えた影響は大きい。[桑原住雄]
『トム・プリドー著、東野芳明監修『ホイッスラー』(1977・タイムライフブックス) ▽Denys Sutton James McNeill Whistler : Paintings, Etchings, Pastels & Watercolors (1966, Phaidon Press, London)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホイッスラーの言及

【磁気圏プラズマ波動】より

…高温のプラズマで満たされた地球磁気圏では,アルベーン波などの電磁流体波,ホイッスラー波や静電プラズマ波など,さまざまなプラズマ特有の電磁波動が観測される。これらの波動の周波数は,ほぼ10-3Hzから106Hzまでの広い帯域にわたっている。…

※「ホイッスラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホイッスラーの関連キーワード北ヨーロッパゲルマン民族南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアネオバロック哀愁のヨーロッパヨーロッパ通貨機構《19世紀ヨーロッパ史》ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホイッスラーの関連情報