ルシエンヌ ボアイエ(英語表記)Lucienne Boyer

20世紀西洋人名事典「ルシエンヌ ボアイエ」の解説

ルシエンヌ ボアイエ
Lucienne Boyer


1901 - 1983.12.6
フランスの歌手。
パリ生まれ。
劇場のタイピスト、舞台女優を経て、1920年歌手としてデビュー。’28年に初めてレコードを吹き込み、’29年シャンソン作家ルノワールの「愛の言葉」(ディスク大賞)を歌い、大ヒットとなる。ディズーズの流れをくみながら、女の愛を描いたロマンスを歌い続け、また、差向いで打明け話を聞いているような歌い方は、独自の唱法である。その他の作品に「こんなに小さい」(’33年)、「恋のなごり」(’42年)、「私の心はバイオリン」(’44年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android