コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルターの聖書 ルターのせいしょLuther's Bible

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルターの聖書
ルターのせいしょ
Luther's Bible

1534年に出版された M.ルターの旧新約聖書のドイツ語訳。旧約正典はヘブライ語本文,新約正典はギリシア語本文,外典はセプトゥアギンタ (70人訳聖書) とウルガタ訳聖書から訳出され,原典に基づく近代語への翻訳の最初の試みとなった。従来のドイツ語訳はすべてウルガタからの重訳であった。この聖書はドイツ語の歴史についても少なからぬ影響を与え,現在のドイツ語はルターの聖書の言語を基礎とする新高ドイツ語 (→古高ドイツ語 ) から発展したものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルターの聖書の関連キーワードブーゲンハーゲンルーテル派教会ドイツ文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android