重訳(読み)じゅうやく

精選版 日本国語大辞典「重訳」の解説

じゅう‐やく ヂュウ‥【重訳】

〘名〙 原文翻訳文を、さらに他の国語に翻訳すること。原語を翻した外国文から、さらに翻訳すること。また、そのもの。ちょうやく。
※捕影問答(1807‐08)前「イキリス文解すべからず。諳厄利亜寄語の書に就て之れを訳すれば、左の如きことにもやと思はる」

ちょう‐やく【重訳】

〘名〙 原文の翻訳文を、さらに他の国語に翻訳すること。二回以上、翻訳を重ねること。また、そのもの。転じて、遠くへだたることのたとえにも用いる。じゅうやく。〔広益熟字典(1874)〕 〔史記‐三王世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「重訳」の解説

じゅう‐やく〔ヂユウ‐〕【重訳】

[名](スル)原語から直接に翻訳するのでなく、一度他の外国語に翻訳されたものを通して翻訳すること。また、その翻訳したもの。ちょうやく。「グリム童話を英語訳から重訳する」
[類語]翻訳訳出訳する適訳名訳抄訳直訳和訳邦訳完訳全訳誤訳意訳逐語訳対訳定訳新訳初訳改訳点訳翻案吹き替え

ちょう‐やく【重訳】

[名](スル)じゅうやく(重訳)」に同じ。
「日本語に之を―して」〈石橋忍月・罪過論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「重訳」の解説

【重訳】ちようやく

通訳を重ねる。〔漢書、平帝紀〕元始元年春正、越裳氏、重譯して白雉一・雉二を獻ず。詔して、三をして以てめしむ。

字通「重」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android