重訳(読み)ジュウヤク

  • じゅうやく ヂュウ‥
  • じゅうやく〔ヂユウ〕
  • ちょうやく

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)原語から直接に翻訳するのでなく、一度他の外国語に翻訳されたものを通して翻訳すること。また、その翻訳したもの。ちょうやく。「グリム童話を英語訳から重訳する」
[名](スル)じゅうやく(重訳)」に同じ。
「日本語に之を―して」〈石橋忍月・罪過論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 原文の翻訳文を、さらに他の国語に翻訳すること。原語を翻訳した外国文から、さらに翻訳すること。また、そのもの。ちょうやく。
※捕影問答(1807‐08)前「イキリス文解すべからず。諳厄利亜寄語の書に就て之れを重訳すれば、左の如きことにもやと思はる」
〘名〙 原文の翻訳文を、さらに他の国語に翻訳すること。二回以上、翻訳を重ねること。また、そのもの。転じて、遠くへだたることのたとえにも用いる。じゅうやく。〔広益熟字典(1874)〕 〔史記‐三王世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重訳の関連情報