コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルツ ルツ Ruth

翻訳|Ruth

2件 の用語解説(ルツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルツ
ルツ
Ruth

旧約聖書『ルツ記』中の人物。エフラテ人エリメレクとナオミの子キリオンの妻。キリオンの兄マロンやキリオンの死後,姑のナオミは2人の嫁オルパ,ルツにおのおのの母親の家への帰還を促したが,ルツはナオミとともにベツレヘムに行った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルツ
るつ
rthヘブライ語

旧約聖書』の「ルツ記」の女主人公。彼女は、モアブ出身の女性で、ナオミの息子マロンに嫁(か)し、若くして未亡人となる(1章4、5節)。姑(しゅうとめ)ナオミは夫と息子たちに先だたれ、悲嘆に暮れて郷里ベツレヘムに帰るが、ルツは姑に同行し(1章15節以下)、ともに暮らす(2章)。やがて彼女は再婚し男児を産み、後のダビデ王への系図をつなぐ(3~4章)。福音(ふくいん)書記者マタイによれば、ルツもまた救済史をつなぐ重要な人物である(1章5節)。[定形日佐雄]
『左近淑著『旧約の学び 下――ルツ物語・ダビデ物語』(1982・日本基督教団出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルツの言及

【麦】より

… 麦類はキリスト教の象徴としても重視される。《ルツ記》にはボアズの麦畑で落穂拾いをしたルツが,情深いボアズの妻となり,ダビデにつながる家系の祖となった話がある。そのために絵画では,ルツは麦畑を背景に描かれる場合が多い。…

※「ルツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルツの関連キーワード旧約聖書バイブルルツ記旧約セム贖罪の羊エフラティック堆積物旧約聖書学《旧約聖書の天文学》サライ(旧約聖書)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルツの関連情報