コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドビコイルモーロ宮殿 ルドビコイルモーロキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ルドビコ‐イル‐モーロ‐きゅうでん【ルドビコイルモーロ宮殿】

Palazzo di Ludovico il Moro》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市フェラーラにある宮殿の通称。正式名称はコスタビリ宮殿。15世紀末、色が黒いために「イルモーロ(黒い人)」と呼ばれたミラノ公ルドビコ=スフォルツァの別荘として建設が始まったが、16世紀初頭、エステ家の外交官アントニオ=コスタビリの所有となった後に完成。現在はギリシャ、エトルリア時代の出土品を展示する国立考古学博物館になっている。コスタビリ宮殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ルドビコイルモーロ宮殿の関連キーワードパラッツォカラッチ一族ネオ・バロック様式バルボサスフォルツァ家バーゼルの和約レオナルド・ダ・ビンチローマ国立美術館赤の宮殿アルキジンナジオ宮殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android