コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドビコイルモーロ宮殿 ルドビコイルモーロキュウデン

1件 の用語解説(ルドビコイルモーロ宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルドビコ‐イル‐モーロ‐きゅうでん【ルドビコイルモーロ宮殿】

Palazzo di Ludovico il Moro》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市フェラーラにある宮殿の通称。正式名称はコスタビリ宮殿。15世紀末、色が黒いために「イルモーロ(黒い人)」と呼ばれたミラノ公ルドビコ=スフォルツァの別荘として建設が始まったが、16世紀初頭、エステ家の外交官アントニオ=コスタビリの所有となった後に完成。現在はギリシャエトルリア時代の出土品を展示する国立考古学博物館になっている。コスタビリ宮殿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルドビコイルモーロ宮殿の関連キーワード複素数エンツォ王宮殿業況判断DIジェノバ王宮テ離宮トリノ王宮マサッチョDiレンズ日銀短観 (大企業DI)ショパン:華麗なる変奏曲/piano solo

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone