ルビー蝋虫(読み)ルビーロウムシ

デジタル大辞泉の解説

ルビー‐ろうむし〔‐ラフむし〕【ルビー×蝋虫】

カタカイガラムシ科の昆虫。雌は無翅で、3、4ミリほどの半球状をし、分泌した紅色のろう物質で覆われている。雄は有翅。ミカン・カキ・茶など多くの樹木の大害虫で、天敵はルビーアカヤドリコバチ。ルビーろうかいがらむし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ルビー‐ろうむし ‥ラフむし【ルビー蝋虫】

〘名〙 カメムシ(半翅)目カタカイガラムシ科の一種。長さ三~四ミリメートル。半円形貝殻を持ち、初め紅色で老熟すると小豆(あずき)色に変ずる。インド、中国、フィリピンなどに分布。日本には明治初期に長崎県に侵入し、各地に伝播した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android