コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルプレヒト Ruprecht

世界大百科事典 第2版の解説

ルプレヒト【Ruprecht】

笞と袋をもち毛皮を身に帯びて,クリスマスまたは聖ニコラウスの日(12月6日)に子どもを訪れるという伝説上の人物。むろんは子どもを罰するため,袋は贈物をするためで,古くは悪鬼のごとくもっぱら子どもを脅かすものであったが,宗教改革ころより厳しさと優しさをあわせもつようになったらしい。地方的異名が多いが一般には〈しもべルプレヒト〉と呼ばれ,ニコラウスの従者である。ただしいわゆるサンタ・クロースと同一視されたり,嬰児イエスの侍者とされることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ルプレヒト
Ruprecht


1869.5.18 - 1955.8.2
ドイツ国籍。
元・バイエルン王国皇太子。
1914年第6軍司令官を経て、’16年元帥となるが、ドイツ革命の後、廃位。著書に、「Reiseerinnerungen aus Ostasien」(’23年)などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

世界大百科事典内のルプレヒトの言及

【サンタ・クロース】より

…ニコラウスの祝日(聖ニコラウスの日)は12月6日で,ヨーロッパ,とくにドイツ,スイス,オランダではその前夜は子どもが楽しみにする贈物の日である。日が暮れると,子どもを中心に家族一同が待つところへ,司教ニコラウスに扮した者が下僕ルプレヒトKnecht Ruprechtを従えて現れる。良い子には背負った袋からほうびのプレゼント,悪い子は訓戒のあと,改心の実ありと認められて,やはりなにかもらえる。…

【サンタ・クロース】より

…ニコラウスの祝日(聖ニコラウスの日)は12月6日で,ヨーロッパ,とくにドイツ,スイス,オランダではその前夜は子どもが楽しみにする贈物の日である。日が暮れると,子どもを中心に家族一同が待つところへ,司教ニコラウスに扮した者が下僕ルプレヒトKnecht Ruprechtを従えて現れる。良い子には背負った袋からほうびのプレゼント,悪い子は訓戒のあと,改心の実ありと認められて,やはりなにかもらえる。…

※「ルプレヒト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルプレヒトの関連キーワードウィーン(オーストリア)ゲッティンゲン七教授事件ルネサンス史(年表)モルガルテンの戦いハインリヒ(7世)ハイデルベルク大学サンタ・クロースハウスホーファーライン都市同盟ハイデルベルクジギスムントオーストリアニップールテッツェルホイスラー7月28日東方植民5月5日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android