コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・グロ・クラーク ル・グロ・クラーク Le Gros Clark, Sir Wilfrid Edward

2件 の用語解説(ル・グロ・クラークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・グロ・クラーク
ル・グロ・クラーク
Le Gros Clark, Sir Wilfrid Edward

[生]1895.6.5. ヘンプステッド
[没]1971.6.28. オックスフォード
イギリスの解剖学者,人類学者。オックスフォード大学人体解剖学教室主任を務めた。ルイス・S.B.リーキーとともにプロコンスルリムノピテクスなどの新第三紀霊長類化石を発見した。また,アウストラロピテクスをヒト科に含めることについて,大きな役割を果たした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・グロ・クラーク
るぐろくらーく
Sir Wilfrid E. Le Gros Clark
(1895―1971)

イギリスの解剖学者、人類学者。ロンドンセント・トマス病院で医学の教育を受け、軍医となったのち、ロンドン大学、セント・バーソロミュー病院、セント・トマス病院などで医学を教えた。1934年オックスフォード大学の解剖学教授となり、1955年ナイトの称号を受けるとともにロイヤル・ソサイエティー会員となった。多くの名誉学位や賞を受けたが、1956年、人類学者最高の名誉とされるバイキングメダルを受賞した。人類進化に関して多くの研究を行うとともに、霊長類の比較解剖学の基礎をつくった。また多くの啓蒙(けいもう)書を書いたが、とくに『霊長類の進化史』History of the Primatesは簡明な文章によって有名である。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル・グロ・クラークの関連キーワードブレンステッドユナイテッド・ステーツ号インテグレーテッドアンプソフィスティケーテッドハムステッドホップステップ&ジャンプハルステッドモデルステッドラー・water brushブレンステッドの関係式ホップステップジャンプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone