比較解剖学(読み)ひかくかいぼうがく

百科事典マイペディアの解説

比較解剖学【ひかくかいぼうがく】

形態学の一分科。各種の生物の体制や器官形態を比較し,その体系化を目的とする。キュビエジョフロア・サンティレールなどにより発展。C.ダーウィン以後は相同性の問題などが重視され,比較解剖学的資料は生物進化の過程を示すものとして理解される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひかくかいぼうがく【比較解剖学】

形態学の一分科。各種生物の諸器官の形態や生理を解剖して比較し、その分化や変異・進化を研究する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比較解剖学
ひかくかいぼうがく
comparative anatomy

解剖学の一分科で、各種の動植物の器官や組織の構築、配置、相互関係などを比較し、分類学および系統学上の類縁関係を明らかにしようとする学問。その萌芽(ほうが)は古代の生物学やレオナルド・ダ・ビンチの業績にもみられるが、キュビエやジョフロア・サンチレールによって体系化され、のちには比較発生学や古生物学とともに進化論的生物学の主要な部門となった。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひかく‐かいぼうがく【比較解剖学】

〘名〙 形態学の一分科。生物の体制および器官の形態・構造を各系統・種属について比較検討し体系づける学問。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の比較解剖学の言及

【形態学】より

…それに対し,異種の生物との間の比較によって,生理機能とは関係なく構造の一般性や進化的意義などを探ろうとする研究分野があり,これを比較形態学という。比較形態学と比較解剖学とは混同されることが多いが,本来は後者は変化や生成の観念を含まない静的・平面的な概念である。 動物に関しては,上記の2種の形態学は大まかに見て別々の起源をもっている。…

※「比較解剖学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android