コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーウェリン Karl Nickerson Llewellyn

1件 の用語解説(ルーウェリンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルーウェリン【Karl Nickerson Llewellyn】

1893‐1962
アメリカにおけるリアリズム法学の代表的存在。イェールロー・スクール卒業後母校で商法学の教鞭をとったがほどなくして弁護士になり,再び母校に戻り,ついで1924年コロンビア・ロー・スクールに転じた。30年《リアリズム法学――次のステップ》と題する本を出版し,これが法学におけるリアリズムをめぐる論争を促す結果になった。商法を専攻したルーウェリンはリアリズムの方法論を商法に応用して,アメリカ統一商法典(U.C.C.)を起草し,これはアメリカにおいて,法として行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルーウェリンの関連キーワードアメリカニズムアメリカバイソンアメリカンリーグアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン亜米利加アメリカニゼーション汎アメリカ主義

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone