コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーウェリン Karl Nickerson Llewellyn

世界大百科事典 第2版の解説

ルーウェリン【Karl Nickerson Llewellyn】

1893‐1962
アメリカにおけるリアリズム法学の代表的存在。イェール・ロー・スクール卒業後母校で商法学の教鞭をとったがほどなくして弁護士になり,再び母校に戻り,ついで1924年コロンビア・ロー・スクールに転じた。30年《リアリズム法学――次のステップ》と題する本を出版し,これが法学におけるリアリズムをめぐる論争を促す結果になった。商法を専攻したルーウェリンはリアリズムの方法論を商法に応用して,アメリカ統一商法典(U.C.C.)を起草し,これはアメリカにおいて,法として行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルーウェリン

生年月日:1893年5月22日
アメリカの法理学者
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ルーウェリンの関連キーワードマーガレット ドラブル生年月日法社会学フランク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android