コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーゴン=マカール叢書 ルーゴン=マカールそうしょLes Rougon-Macquart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーゴン=マカール叢書
ルーゴン=マカールそうしょ
Les Rougon-Macquart

フランスの小説家エミール・ゾラの連作小説。 20巻。 1871~93年発表。「第二帝政時代の一家族の自然的・社会的歴史」という副題が示すように,ルイ・フィリップ時代を描いたバルザックの『人間喜劇』にならって,第二帝政下の社会全体を,当時発達した生理学遺伝学から学んだ科学精神を応用して描き上げようとした野心作。アデライード・フークという神経病の女が初婚の相手の農民ルーゴンと,その死後に愛人とした,飲んだくれの密輸業者マカールとの間にそれぞれ生んだ子孫が,パリと地方でたどるさまざまな運命を描く。このうちの有名な作品に『居酒屋』 (1877) ,『ナナ』 (80) ,『ジェルミナール』 (85) ,『大地』 (87) ,『獣人』 (90) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android