人間喜劇(読み)にんげんきげき

百科事典マイペディア「人間喜劇」の解説

人間喜劇【にんげんきげき】

バルザックの一群の小説の総。19世紀フランスの社会史となるようにとの意図のもとで書かれた長短91編からなる。1833年に計画されたが,それ以前の作品を含み,1845年の途中計画では143編になる予定だった。人間の情熱の諸相としての社会を描く《風俗研究》,個性化された類型を描く《哲学研究》,その原理を探究する《分析研究》の3部に分かれ,風俗研究はさらに,《私生活情景》(《ゴリオ爺(じい)さん》),《地方生活情景》,《パリ生活情景》(《従兄ポンス》),《政治生活情景》,《軍隊生活情景》,《田園生活情景》の6情景に細分される。また,同一人物を複数の作品に登場させることで《人間喜劇》全体に統一性と奥行きを与えている。
→関連項目ルーゴン・マッカール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「人間喜劇」の解説

人間喜劇
にんげんきげき
La Comédie humanie

フランスの作家バルザックが自作大部分体系的に付した総題
ダンテの『神曲』(神の喜劇)に対抗したといわれる。『ゴリオ爺さん』など約90編。19世紀前半のフランス社会がみごとに描かれ,近代小説の大金字塔でもある。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「人間喜劇」の解説

人間喜劇
にんげんきげき
La Comédie Humaine

フランスの作家オノレ・ド・バルザックのほとんどすべての小説を含する連作の総合的題名。 91編から成る。ダンテの『神曲』 Divina Commediaをふまえて名づけたもの。作者はここにおいて,風俗,政治,経済など社会の諸相を描き,人間と社会の総合的研究を目指した。「風俗研究」「哲学研究」「分析的研究」の3つの系列に分類されるが,いずれも強烈な個性をもった人物たちが現れ,社会のさまざまな姿が浮彫りにされている。『ふくろう党』 (1829) 以下,おもな作品は『ウジェニー・グランデ』 (33) ,『絶対の探求』 (34) ,『ゴリオ爺さん』 (35) ,『谷間の百合』 (36) ,『幻滅』 (43) ,『従妹ベット』 (47) ,『従兄ポンス』 (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「人間喜劇」の解説

にんげんきげき【人間喜劇】

原題、〈フランス〉La Comédie humaineバルザックが自作の小説九十数編に付けた総題。風俗的研究・哲学的研究・分析的研究の3部に大別大革命直後から二月革命直前までのフランスの完全な社会史を企図したもの。ダンテの「神曲」(原題「神聖喜劇」)に対してつけられた題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「人間喜劇」の解説

にんげんきげき【人間喜劇】

(原題La Comédie humaine) バルザックが自作の全小説作品につけた総題。九一編の長短編が含まれる。一九世紀のフランス社会を、人間社会の歴史ともいうべき規模で描き出したもの。ダンテの「神聖喜劇」(神曲)に対比させて名づけられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「人間喜劇」の解説

にんげんきげき【人間喜劇 La comédie humaine】

フランスの小説家バルザックの作品で,彼が自分の小説に与えた総称。《風俗研究》《哲学研究》《分析研究》の3部よりなる。このうち《風俗研究》が最も多数の作品を含み,《私生活情景》《地方生活情景》《パリ生活情景》《政治生活情景》《軍隊生活情景》《田園生活情景》の六つの〈情景〉からなる。《人間喜劇》が,構造化された体系として考えられていたことは明らかであるが,この体系は初めからあったものではなく執筆過程で徐々に形成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の人間喜劇の言及

【バルザック】より

…《ふくろう党》は,ブルターニュ地方の反革命的反乱を扱っており,歴史小説の手法を近い過去に適用したものといえる。次いで《ウージェニー・グランデ》(1833),《ゴリオ爺さん》(1835),《谷間のゆり》(1836),《幻滅》(1843),《従妹ベット》(1846),《従兄ポンス》(1847)などの作品を次々に発表し,42年から48年にかけて《人間喜劇》16巻,補巻1を刊行した。これは,初期習作,劇作,雑文,《風流滑稽談》などを除き,《ふくろう党》以後のすべての小説を,一種の全集としてまとめたものである。…

※「人間喜劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android