ルードビヒ ベック(英語表記)Ludwig Beck

20世紀西洋人名事典の解説


1841.7.10 - 1918.7.23
ドイツ実業家
ハイデルベルク大学で学び、国内外の鉱山精錬の実際を研究し、製工場を経営した。著書にベック商会の設立の体験を元にして、鉄の技術文化を展望した大著「Geschichte des Eisens in technischer und kulturgeschichtlicher Beziehung」(5巻、1884〜1903年)がある。


1880 - 1944
ドイツの軍人
元・ドイツ軍参謀総長。
ライン地方生まれ。
1930年から保守的なナチス支持者だったが、’34年からはナチス批判に転じて’38年8月ヒトラーのチェコ侵略に反対し陸軍参謀総長を辞任した。その後、ゲルデラー、社会民主党、労働組合関係者などと協力し、シュタウフェンベルク大佐の反ヒトラー陰謀の指導者となったが、’44年7月20日の暗殺未遂事件に失敗し、陸軍省内で機会主義者のフロムに逮捕されたが、同夜フロム監視下のもとで自殺した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android