コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーネンバーグ Lunenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーネンバーグ
Lunenburg

カナダのノバスコシア州ハリファックスの南西約 104km,大西洋に面する。 1750年代に,北ドイツリューネブルクスイスからの移民により開かれた。タラ漁業,水産加工のほか小型木造船の製造や市場園芸が行なわれる。 20世紀前半に国際帆走レースで活躍した「ブルーノーズ」漁船の根拠地。植民地時代の町並みが保存される旧市街は,1995年世界遺産の文化遺産に登録。人口 2781 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルーネンバーグ【ルーネンバーグ】
Lunenburg

カナダにある、世界遺産に登録された町。カナダ北東部の大西洋に面し、1753年にドイツやスイスからの移民によって開拓、建設された小さな町である。旧市街には、18~19世紀に建造された、赤や青を基調とする木造の美しい家々が数多く残る。世界遺産登録は1995年。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ルーネンバーグの関連キーワードルーネンバーグ旧市街アール ブラウン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android