レイブンズクロフト(英語表記)Ravenscroft, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイブンズクロフト
Ravenscroft, George

[生]1618
[没]1681
イギリスのガラス工業家。生業は地中海貿易を行う回船業であったが,ガラスに関心をいだいて個人的に研究を進め,1673年に鉛クリスタルガラスを開発。そのガラス素地は無色透明にはほど遠いものであったが,軟らかい素地と高い透明度,大きな曲折率から,グラビールやカット加工に適していたため,当時のイギリスのガラス業界で注目された。しかし鉛クリスタルガラスの普及は彼の死後であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android