コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオビヒルド Leovigildo

世界大百科事典 第2版の解説

レオビヒルド【Leovigildo】

?‐586
6世紀初頭,イベリア半島に成立した西ゴート王国の王。在位568‐586年。ラテン名レオウィギルド。半島東部から南部を支配する東ローマ勢,北西部のゲルマン国家の一つスエビ王国,ピレネー山脈西部のバスク人など,成立後まだ日の浅い王国に対抗する諸勢力を精力的に攻撃して半島の政治統一を推進した。このうちスエビ王国は585年に征服,合併された。しかし,信仰面でアリウス派の異端(アリウス)を固持して多数派のカトリック教徒を迫害したために,妻の影響からカトリックに改宗した長男エルメネヒルド(ヘルメネギルド)Hermenegildoの反乱という苦杯を飲まされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオビヒルド
れおびひるど
Leovigildo
(?―586)

イベリア半島における西ゴート国王(在位568~586)。アンダルシア地方を支配するビザンティン帝国や、ガリシア地方に立てこもったゲルマン部族国家のスエビ王国、およびカンタブリア人、バスコ人などの諸勢力に対し、攻撃を加えて、自らの宗主権に屈服させた。これにより、西ゴート王国は前代にない光彩を誇った。しかしアリウス派信仰に基づいて王国の宗教的統合を企図し、多数派のカトリック教徒を弾圧したため、実子エルメネヒルドHermenegildoの反乱を誘発した。この息子が処刑されたのち、後継者となったもう1人の息子レカレードRecaredo(在位586~601)は、正統派の教義に基づく宗教的統合を推進した。[本村凌二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レオビヒルドの関連キーワードレオン(スペイン)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android