レグホン

精選版 日本国語大辞典「レグホン」の解説

レグホン

〘名〙 (Leghorn) ニワトリの品種。イタリアのリボルノ(英語名レグホーン原産。代表的な卵用種で、年間二五〇~三〇〇の卵を産む。羽色は白色・褐色・黒色があるが、特に白色レグホンが各国で多く飼われる。
※風俗画報‐二六号(1891)動植門「茲(ここ)に複写せしレグホーンは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「レグホン」の解説

レグホン(Leghorn)

《「レグホーン」とも》の一品種。羽色は白色のほか褐色や黒色もあり、代表的な卵用種。イタリアのリボルノ(英語名レグホーン)原産。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android