コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レグレンツィ Legrenzi, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レグレンツィ
Legrenzi, Giovanni

[生]1626.8.12. クルゾーネ
[没]1690.5.26. ベネチア
イタリアの作曲家。ベルガモのオルガン奏者とフェララの教会楽長の地位を経てベネチアに移り,1672年メンディカンティ慈善院の楽長,85年サン・マルコ大聖堂の楽長になった。ビバルディの師。オペラ,オラトリオなどのほか,トリオ・ソナタにすぐれた作品を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レグレンツィ【Giovanni Legrenzi】

1626‐90
後期バロックのイタリアの音楽家。フェラーラ,ベネチアで働いた後,1685年にはサン・マルコ大聖堂の楽長となる。教会音楽を多数作曲するとともに世俗音楽にも才能を示し,ベネチア楽派オペラの中心的作曲家となった。オペラのほかに,オラトリオ,教会カンタータや詩篇などの宗教的合唱曲,トリオ・ソナタほかの室内楽曲を作曲。代表作はオペラ《トティラ》(1677),《ジュスティーノ》(1683)などである。弟子が多く,ビバルディもその一人と考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レグレンツィの関連キーワードアルビノーニカルダーラガブリエリ8月12日バッサーニロッティ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android