コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レグレンツィ レグレンツィ Legrenzi, Giovanni

2件 の用語解説(レグレンツィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レグレンツィ
レグレンツィ
Legrenzi, Giovanni

[生]1626.8.12. クルゾーネ
[没]1690.5.26. ベネチア
イタリアの作曲家。ベルガモのオルガン奏者とフェララの教会楽長の地位を経てベネチアに移り,1672年メンディカンティ慈善院の楽長,85年サン・マルコ大聖堂の楽長になった。ビバルディの師。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レグレンツィ【Giovanni Legrenzi】

1626‐90
後期バロックのイタリアの音楽家フェラーラ,ベネチアで働いた後,1685年にはサン・マルコ大聖堂の楽長となる。教会音楽を多数作曲するとともに世俗音楽にも才能を示し,ベネチア楽派オペラの中心的作曲家となった。オペラのほかに,オラトリオ教会カンタータや詩篇などの宗教的合唱曲,トリオ・ソナタほかの室内楽曲を作曲。代表作はオペラ《トティラ》(1677),《ジュスティーノ》(1683)などである。弟子が多く,ビバルディもその一人と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レグレンツィの関連キーワードテスタロッサフェラーリ イタリアマラソンフェラーリF430フェラーリ599フェラーリ550フェラーリ328フェラーリ308フェラーリ360フェラーリ456GTブダペスト・バロック・フェスティバル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone