コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レザー・シャー・パフラビー Reḍā Shāh Pahlavī

世界大百科事典 第2版の解説

レザー・シャー・パフラビー【Reḍā Shāh Pahlavī】

1878‐1944
イランのパフラビー朝第1代国王。在位1925‐41年。無名のイラン・コサック軍兵士出身で,レザー・ハーンReḍā Khānと呼ばれた。1921年クーデタでテヘラン戒厳司令官,次いで陸軍大臣として実権を確立し,地方の革命政権を壊滅させた。22年,アメリカから財政顧問を招き財政改革を断行した。軍部独裁の道を歩み,議会と対立した。23年,カージャール朝のアフマド・シャーを退位させたのち,自ら独裁者の大統領となろうとしたが,国民の反対をうけ,25年カージャール朝を廃してパフラビー朝をたて国王(シャー)になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレザー・シャー・パフラビーの言及

【イラン】より

…したがって立憲革命の〈国民〉による権利闘争史としての側面は背後に押しやられてしまうこととなる。1925年にレザー・シャー・パフラビーが,立憲革命が達成しえなかったイランの完全独立を叫び,立憲制の正統なる継承者と自らを任じ,軍事独裁政権(パフラビー朝)を成立させえた条件の一つをそこに見いだすことができる。事実,レザー・シャー政権は,1921年のイラン・ソ連条約をはじめとするカピチュレーションの撤廃に成功する。…

※「レザー・シャー・パフラビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レザー・シャー・パフラビーの関連キーワードモハンマド・レザー・パフラビーモハンマド・レザー・パフラビーサーダーバード条約ソ連・イラン条約アフマド・シャーザーヘダーンハズアル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android