レドックス重合(読み)レドックスじゅうごう(英語表記)redox polymerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レドックス重合
レドックスじゅうごう
redox polymerization

ラジカル重合において触媒として過酸化物を用いる場合,適当な還元剤を添加すると過酸化物の分解が促進され,重合が低温でもすみやかに進行する。このように酸化剤と還元剤の共存でラジカル (遊離基) の生成を促進する重合法をレドックス重合という。還元剤としては2価の鉄イオンやアミンなどが用いられ,過酸化水素-塩化第一鉄系は代表的な例である。レドックス重合は乳化重合で工業的に実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

レドックス重合
レドックスジュウゴウ
redox polymerization

酸化還元重合ともいう.レドックス系の開始剤によるラジカル重合をいう.水系のレドックスとしては,たとえば過硫酸塩,過酸化水素,ヒドロペルオキシドのような過酸化物と,二価の鉄塩,一価の銅塩,アミンなどの還元剤との組合せが,また非水系としては,ヒドロペルオキシド,過酸化ジアルキル,過酸化ジアシルなどの酸化剤と第三級アミン,ナフテン酸塩,チオール類,有機金属化合物などの還元剤との組合せがある.これらのレドックス開始剤のラジカル発生反応は,小さな活性化エネルギー(約4.2 kJ mol-1)で進行するので,低温でラジカル重合を開始させることが可能である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android