コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジカル重合 ラジカルじゅうごうradical polymerization

2件 の用語解説(ラジカル重合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジカル重合
ラジカルじゅうごう
radical polymerization

ビニル重合体を生成する重要な反応であって,成長鎖がラジカル (遊離基) である付加重合をいう。多くのビニル化合物およびジエン化合物がラジカル重合により重合体を生成し,ビニル重合体は工業的にはほとんどラジカル重合により生産されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラジカル重合
らじかるじゅうごう
radical polymerization

ラジカル(遊離基)反応によって行う重合。高重合の一形式で、重合体成長末端はラジカルである。イオン重合に対する語で遊離基重合ともいう。工業的に生産されている多くのビニル重合体(ビニルポリマー)はこの重合法でつくられている。(1)開始反応、(2)成長反応、(3)停止反応の三つから成り立っている。開始反応の開始剤としては、ラジカル分解しやすい過酸化物アゾ化合物、ハイドロパーオキシドなどが用いられる。加熱または紫外線放射線照射で単量体(モノマー)をラジカル化させて開始させることもある。次の成長反応で重合体(ポリマー)の骨格ができあがり、ついでそれが安定化する。これを停止反応という。このほかに連鎖移動反応も副生する。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラジカル重合の言及

【重合】より

…すなわち,(化学式)あるいは,(化学式)となる。このような反応機構で起こる付加重合反応をラジカル重合radical polymerizationといい,反応(2),(3),(4)および(5)をそれぞれ開始反応,成長反応,停止反応という。 ラジカルは反応性が高いため,モノマーの不飽和結合以外に,反応系に存在する種々の物質と反応することもしばしば起こる。…

※「ラジカル重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラジカル重合の関連情報