コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロペルオキシド

2件 の用語解説(ヒドロペルオキシドの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヒドロペルオキシド

 -O-O-H の構造をもつ化合物.生体内では脂肪酸ヒドロペルオキシドが生成する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドロペルオキシド
ひどろぺるおきしど
hydroperoxide

一般にヒドロペルオキシ基‐OOHを有する化合物の総称。脂肪族あるいは脂環式炭化水素基をもつ化合物は酸素により自動酸化を受け、しばしばヒドロペルオキシドを生成する。たとえば、油脂の自動酸化によるヒドロペルオキシドの生成はその劣化あるいは酸敗をもたらし、油脂の材料や食品としての性質を低下させる。しかし、工業的には有機化合物の自動酸化によりヒドロペルオキシドを製造し、これから有用な製品を製造する。クメンイソプロピルベンゼン)の自動酸化により生成させたヒドロペルオキシドを酸で分解して、フェノールアセトンを製造するのはその一例である。また酸化力に富む。一般に油臭い刺激臭。身体に触れさせないことが必要である。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone