コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還元剤 かんげんざい reducing agent

翻訳|reducing agent

7件 の用語解説(還元剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

還元剤
かんげんざい
reducing agent

還元を起させる物質。相手を還元し,みずからは酸化を受ける。たとえば,熱した酸化銅に水素を通すと,水素は還元剤として働き,酸化銅を還元して銅にし,みずからは酸化されて水になる。したがってこの場合,酸化銅は水素に対して酸化剤となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんげん‐ざい〔クワンゲン‐〕【還元剤】

酸化還元反応で他の物質を還元し、自身は酸化される物質。水素硫化水素アルカリ金属など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

還元剤【かんげんざい】

他の物質に還元を起こさせる物質。一般に酸化されやすい物質が還元剤であり,自らが酸化されるときに相手の物質を還元する。水素,硫化水素ヨウ化水素一酸化炭素二酸化硫黄亜硫酸塩チオ硫酸ナトリウムシュウ酸,アルカリ金属,マグネシウムカルシウム,酸化数の低い化合物など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

還元剤

 物質を還元する能力のある物質.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんげんざい【還元剤 reducing agent】

物質に作用して,それを還元する単体および化合物の一般的名称。電気陰性度の小さい元素や酸化状態の低い化合物が還元剤になりやすい。単体では,水素,炭素,リンなどの非金属ナトリウム,マグネシウム,金属アマルガム,亜鉛,スズ,アルミニウムなどの金属は還元剤となる。ヨウ化水素,硫化水素,アンモニアとその誘導体ホスフィン,アルシン,金属の水素化物とその誘導体も還元剤として働く。低級の酸化物である一酸化炭素,二酸化硫黄,三酸化二リン,亜ヒ酸,亜リン酸,亜硝酸も還元剤となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんげんざい【還元剤】

他の物質を還元する性質をもつ物質。酸化還元反応において、他の物質を還元して自身は酸化される物質。水素・金属ナトリウム・硫化水素・シュウ酸など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

還元剤
かんげんざい
reducing agent

ほかの物質を還元する作用をもつ物質。ある物質を還元するとき、還元剤自身は電子を放出して酸化される。水素、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アルミニウム、亜鉛、炭素などの単体は還元剤としてよく利用され、金属に酸を注いで発生させた発生期の水素はとくに有効な還元剤となる。これらのほか、アルカリ金属や亜鉛のアマルガム、ホウ素やアルミニウムの水素化物、低酸化状態の金属塩、硫化水素、硫化物、チオ硫酸塩、シュウ酸、ギ酸、アルデヒドアルコール、糖なども還元剤として使われる。酸化・還元反応は相対的であるから、ある系では還元剤となるものが他の系では酸化剤となる場合もあり、そのような例として二酸化硫黄(いおう)、過酸化水素などがある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

還元剤の関連キーワード酸化還元滴定水素化ホウ素ナトリウムフェニレンジアミンベルトラン法一元論還元糖還元酵素還元性漂白剤抗真菌性抗生物質硝酸レダクターゼ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

還元剤の関連情報