コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳化重合 にゅうかじゅうごうemulsion polymerization

4件 の用語解説(乳化重合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳化重合
にゅうかじゅうごう
emulsion polymerization

重合方法の一種。反応温度を調節して重合を進行させるために媒体として水を使い,水に難溶性のモノマー乳化剤 (石鹸) を加えて水中で安定なミセルとして分散させ,重合触媒は水に溶かして用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

乳化重合【にゅうかじゅうごう】

乳化剤を分散させた水中に単量体を乳化分散させ,水溶性触媒によって重合させる方法。重合熱除去が容易であるが,得られる重合物の純度は低い。重合物は乳濁液状なので塗料,接着剤などの製造に利用。
→関連項目ラテックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうかじゅうごう【乳化重合 emulsion polymerization】

付加重合反応による高分子の製造の実際的方法の一つ。付加重合反応のモノマー(単量体)であるビニル化合物は一般に水に溶けないが,これに界面活性剤(乳化剤)を加えて強くかきまぜると,乳化剤はその内部にモノマーをとり込んだミセルを形成して乳化する。この系に,水に溶けモノマーには溶けない重合開始剤を加え,加熱して重合させる。重合反応はミセルの内部で進み,生成したポリマー(重合体)はそのまま乳濁液(エマルジョン)となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳化重合
にゅうかじゅうごう
emulsion polymerization

重合法の一種。多量の水中にビニルモノマーとかジエンモノマーのような水に難溶性のモノマー(単量体)を乳化剤の存在で分散させ、水溶性の重合開始剤を用いて行う重合法である。モノマーは油滴状になり、その周囲を活性剤、主としてアニオン性または非イオン性活性剤が取り囲み、安定な乳化状態になっている。重合は水溶性のラジカル重合開始剤によって水中のミセルから開始していく。反応条件も比較的穏和である。その特徴は、多量の水が存在するために系の粘度が低く、重合による発熱の除去が容易であり、粒子径が小さく0.05ないし0.2マイクロメートル程度で、活性剤で保護されてラテックスになっているために相互に粘着することがない。ラテックスのまま塗料、繊維処理剤として使用できるし、また凝固させて通常のポリマー(重合体)をつくることも可能である。欠点として活性剤や開始剤、凝固剤の破片など無機系の不純物を含み、プラスチックとしての電気的性質や熱安定性、透明性を損なうといわれている。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乳化重合の言及

【重合】より


[付加重合の実際的方法]
 実用的な高分子の製造において行われている付加重合反応の多くは,ラジカル重合である。ラジカル重合の実際的方法としては,塊状重合溶液重合懸濁重合および乳化重合がある。塊状重合はモノマーに開始剤を加え,加熱,重合させる方法で,有機ガラスとして知られるポリメタクリル酸メチルの製造で行われている。…

※「乳化重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳化重合の関連情報