コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオール チオール thiol

5件 の用語解説(チオールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チオール(thiol)

メルカプタン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チオール

メルカプタン,チオアルコールとも。アルコール水酸基の酸素原子の代りに硫黄原子の入った化合物R−SHをいう。−SHをメルカプト基と呼ぶ。メタンチオールCH3SHはその一例。
→関連項目脱硫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

チオール

 一般式RSH.旧称メルカプタン.弱酸性を示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チオール【thiol】

メルカプト基-SHが炭化水素基と結合した有機化合物R-SHの総称で,メルカプタンmercaptan呼ばれることもある。アルコールの水酸基の酸素原子に代わって硫黄原子が入った形であり,チオアルコールthioalcoholともいう。一般に無色の液体で,悪臭を有する。たとえば,スカンクの臭気成分には1‐ブタンチオールCH3CH2CH2CH2-SHが含まれる。食品や香辛料のにおいもチオール類が原因となることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオール
ちおーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チオールの関連キーワードアセチレン系炭化水素イソニトリルエチレン系炭化水素カルボニル化合物ケテンメルカプタン不飽和炭化水素飽和炭化水素アリール多環芳香族炭化水素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チオールの関連情報