コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオール thiol

百科事典マイペディアの解説

チオール

メルカプタン,チオアルコールとも。アルコールの水酸基の酸素原子の代りに硫黄原子の入った化合物R−SHをいう。−SHをメルカプト基と呼ぶ。メタンチオールCH3SHはその一例。
→関連項目脱硫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チオール

 一般式RSH.旧称メルカプタン.弱酸性を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チオール【thiol】

メルカプト基-SHが炭化水素基と結合した有機化合物R-SHの総称で,メルカプタンmercaptanと呼ばれることもある。アルコールの水酸基の酸素原子に代わって硫黄原子が入った形であり,チオアルコールthioalcoholともいう。一般に無色の液体で,悪臭を有する。たとえば,スカンクの臭気成分には1‐ブタンチオールCH3CH2CH2CH2-SHが含まれる。食品や香辛料のにおいもチオール類が原因となることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオール
ちおーる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チオールの関連キーワードヒノキチオール(データノート)チオールエステラーゼパウル・G. ウンナエネルギー代謝阻害剤メチルメルカプタンスルフヒドリル酵素アセチル補酵素Aハイチオールの日スルフヒドリル基チオエステル結合ひきしめ実感生葉有機硫黄化合物補完的輸出規制アクチニダインアセチルCoAチオグルコシド脂肪酸酸化回路チオフェノールシアノエチル化イヒチオール

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android