コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性化エネルギー かっせいかエネルギー activation energy

7件 の用語解説(活性化エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性化エネルギー
かっせいかエネルギー
activation energy

物質が1つの状態から他の状態に変化する場合,途中の段階でポテンシャルエネルギーの高い状態をこえなければならない。このポテンシャルエネルギーの山と初めの状態の最低ポテンシャルエネルギーとの差を活性化エネルギーという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かっせいか‐エネルギー〔クワツセイクワ‐〕【活性化エネルギー】

化学反応を起こさせるための活性化に必要なエネルギー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

活性化エネルギー【かっせいかエネルギー】

一般に平衡状態にある一つの物質系が別の平衡状態に移るとき,その途中で両方の状態よりもポテンシャルエネルギーの高い状態(エネルギー障壁)を越えなければならない。この状態のポテンシャルエネルギーと初めの平衡状態のエネルギーとの差を活性化エネルギーという。
→関連項目アイリング活性錯合体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

活性化エネルギー

 化学反応を進行させるために必要なエネルギーで,反応速度の温度変化から求められる.触媒(酵素など)はこのエネルギーを小さくするので,低い温度で反応を進めることができる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいかエネルギー【活性化エネルギー activation energy】

化学反応の進む過程をポテンシャルエネルギー図で表したとき,反応体分子が乗り越えなければならないポテンシャル障壁の高さを活性化エネルギーという。化学反応の始状態と終状態との間にあるポテンシャルエネルギーの山の部分を遷移状態と呼ぶが,遷移状態のエネルギーと始状態のエネルギーとの差がこれに相当する。反応が起こるためには反応体分子が活性化エネルギー以上のエネルギーをもつことが必要であり,そのような分子の衝突(活性化衝突)により反応が起こると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かっせいかエネルギー【活性化エネルギー】

化学反応が進行するために反応物に必要な最小のエネルギー。反応物の分子のうち、活性化エネルギーよりも大きいエネルギーをもったものだけが、原子間の結合の組み換えをし、生成物の分子に変わることができる。化学反応だけでなく、粘性・拡散などの輸送現象についても用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活性化エネルギー
かっせいかえねるぎー
activation energy

一つの化学反応が原系から生成系へ移るためには、途中に活性化状態(活性系。ここで活性錯合体が生成する)とよばれるもっともエネルギーの高い状態を経なければならないと考え、反応の原系から出発してこの活性系をつくるために必要なエネルギーを活性化エネルギーという。実験からこの活性化エネルギーの値を求めるのにはアレニウスの式を用いる。
  kAexp(-Ea/RT)
この式は、反応速度定数kと反応温度T(絶対温度)との関係を与えるものであってEaが活性化エネルギーである。通常kの対数と温度の逆数との間の直線関係の勾配(こうばい)から活性化エネルギーEaが得られる(Aは定数で頻度因子とよばれ、Rは気体定数)。こうして求められた活性化エネルギーを見かけの活性化エネルギーという。いくつかの素反応(これ以上分けることのできない反応)からなる複合反応の場合、この見かけの活性化エネルギーは、素反応の活性化エネルギー(真の活性化エネルギー)に比べて、通常、内容が複雑になる。化学反応以外の、拡散などの輸送現象、その他の物理的変化にも同じような考え方が適用され、活性化エネルギーが求められる。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の活性化エネルギーの言及

【アレニウスの式】より

…化学反応の速度は一般に温度によってかなり大きく変化し,速度定数kと絶対温度Tとの間に近似的に次の関係式が成り立つ。 kA exp(-Ea/RT)ここでRは気体定数,AおよびEaは反応に固有の定数で,Aは頻度因子,Ea活性化エネルギーと呼ばれる。この関係は1889年スウェーデンのS.A.アレニウスにより提出されたもので,アレニウスの式と呼ばれる。…

【反応速度】より

…アレニウスは,この結果を,反応はある一定値以上のエネルギーをもつ分子によってひき起こされ,そのような分子の数は温度が高くなるとともに増大するためと考えた。すなわち,反応が起こるためにはある大きさ以上のエネルギーが必要であり,これを活性化エネルギーと呼ぶ。式(5)のEaが活性化エネルギーに相当する。…

※「活性化エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

活性化エネルギーの関連キーワードエネルギー代謝ポテンシャルポテンシャルエネルギーイオン化ポテンシャル運動エネルギーの原理最小ポテンシャルエネルギーの原理最小補ポテンシャルエネルギーの原理初期状態と最終状態の法則ポテンシャルエネルギー停留原理補ポテンシャルエネルギー停留原理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

活性化エネルギーの関連情報