コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビツキー Levitskii, Dmitrii Grigor'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビツキー
Levitskii, Dmitrii Grigor'evich

[生]1735. キエフ
[没]1822.4.4. ペテルブルグ
ロシアの画家。 1752年からキエフの A.アントロポフのもとで修業したが,F.ロコトフ肖像画に影響を受けた。 71年ペテルブルグの美術アカデミーの教授となってから,ロココ的感覚で貴族の肖像画を描き名声を博した。また女子学生像も得意とし,心理的描写を含んだ親しみやすい作品が多い。主要作品『スモリヌイ学院のネリドワ嬢』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レビツキー【Dmitrii Grigor’evich Levitskii】

1735‐1822
ロシアの肖像画家。キエフ生れ。銅版画家の父から絵を学び,その後ペテルブルグでA.P.アントロポフに師事する。1770年アカデミー会員となる。エカチェリナ2世をはじめ宮廷人,豪商,教育家,慈善事業家などの肖像画を制作し,宮廷のサロン絵画の伝統に写実的な表現を加えた。73‐76年に制作されたスモーリヌイ女子学院の学生たちをテーマとしたロココ様式の一連の作品は秀作。【浜田 靖子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レビツキーの関連キーワードボロビコフスキーロシア美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android