コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビツキー レビツキーLevitskii, Dmitrii Grigor'evich

2件 の用語解説(レビツキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビツキー
レビツキー
Levitskii, Dmitrii Grigor'evich

[生]1735. キエフ
[没]1822.4.4. ペテルブルグ
ロシアの画家。 1752年からキエフの A.アントロポフのもとで修業したが,F.ロコトフの肖像画に影響を受けた。 71年ペテルブルグの美術アカデミーの教授となってから,ロココ的感覚で貴族の肖像画を描き名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レビツキー【Dmitrii Grigor’evich Levitskii】

1735‐1822
ロシアの肖像画家。キエフ生れ。銅版画家の父から絵を学び,その後ペテルブルグでA.P.アントロポフに師事する。1770年アカデミー会員となる。エカチェリナ2世をはじめ宮廷人,豪商,教育家,慈善事業家などの肖像画を制作し,宮廷のサロン絵画の伝統に写実的な表現を加えた。73‐76年に制作されたスモーリヌイ女子学院の学生たちをテーマとしたロココ様式の一連の作品は秀作。【浜田 靖子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

レビツキーの関連キーワード雍正帝古月軒ケイズル河原崎座雍正帝市川団十郎前古典派音楽北欧美術柏木如亭斎藤方策

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone