コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフカス島 レフカスとう Nísos Levkás

3件 の用語解説(レフカス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフカス島
レフカスとう
Nísos Levkás

レフカダ Levkádhaともいう。古代ギリシア語読みではレウカス Leukas。ギリシア西部,イオニア諸島中部の島。ケファリニア島の北にあり,ギリシア本土とは幅1~3kmの狭い海峡でへだてられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レフカス‐とう〔‐タウ〕【レフカス島】

LevkasΛευκάς》⇒レフカダ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レフカス島
れふかすとう
Levks

ギリシア西部、イオニア諸島の島。レフカディア島Levkadiaともいい、イタリア語名はサンタ・マウラ島Santa Maura。面積303平方キロメートル。北東岸の狭い水道により本土と分かたれ、橋で結ばれている。付近の島をあわせてレフカス県を構成し、県の面積は356平方キロメートル、人口2万2900(2003推計)。県都は北東岸のレフカス。山がちだが肥沃(ひよく)な平野があり、ワイン、オリーブ、タバコ、小麦の生産が盛ん。何世紀にもわたってしばしば大地震に襲われている(近年では1867年、1948年など)。小泉八雲(やくも)(ラフカディオ・ハーン)の出身地。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レフカス島の関連キーワード深田レウカス島レフトデジタル一眼レフカメラΛευκάςΛευκάδαレフカダ島レフカラレフカスの原人深田正室

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone